なんとか頑張って、この夏を乗り越えましょう^^;




ちょっと暑さがマシに感じた、今日の関西地方。

なので、病院通いもさほど苦痛ではなかったです(笑)


今日行ったのは、内科でも婦人科でもなく、耳鼻科。

昨日の夜、ごはんを食べてて、
「あれ?ちょっと喉が痛いな」
と思ったものの、まあたいしたことでもないので気にせずにいたのですが。

9時ごろになると、痛みはけっこうなMAX状態に


風邪の前駆症状すらないのに、急に喉だけがどんどんどんどん痛くなる
ことが、最近たまにあるのですが。

こんなことは、ここ2年ほどのことなんですよね(~_~;)


今朝になって、近所の かかりつけの耳鼻科へ行こうとして ハッと気づき、
念のために電話してみたところ。

はい。

今日から日曜日まで、お盆休みでありました



それならば、まあ様子見かなあと思い、家事をしていたのですが。

ツバをのんでも痛いのはもちろんのこと、上を向いたり喋ったりしても痛い
し、その痛みも時間とともに増してきて、このままお盆明けまで待つのは
ちょっとキツイなあということで、内科と婦人科で診ていただいている総合
病院の耳鼻科へ行ってみることに。



もうねえ。
なんというか、ホントしんきくさいことであります(~_~;)


私は、元来はとても元気で 病院なんぞめったに行かない人だったのに。

おまけに、ここの病院へは、ついこないだ 婦人科の定期健診で来たばかり。

来週と さ来週は 検査と診察で内科の予約が入っているというのに、それ
でも足りないとばかりに今日は耳鼻科



でも、思ったよりも人は少なくて、わりに待たなくてすんだのだけはよかった
ですが。

鼻から、カメラを入れられました

心の準備ができてなかったので、少々焦りましたが^^;

その画像を見せられ、説明を受けたところ。

意外にも、喉は とてもきれいだったんですよね。

だったらなんでこんなに痛いのかというと、乾燥だろうと。

エアコンのせいでのどや鼻が乾燥して、痛んだり炎症を起こしたりして来る
人が多いのだそうで、今日も私でもう3人目だとのこと^^;


私の場合は 更年期もあるので、たぶん唾液の量も減っているんじゃないか
とも言われました。

それで炎症に拍車が掛かってしまうのですね。

しかも、粘膜も年齢とともに衰えて来ているし。


ということで、抗生剤とイソジン、そして最近のお馴染みさんであるロキソ
ニンが処方されたのでありました(~_~;)

ふー


あとは、ローカルな話題で雑談が弾み(おもに先生が。私は喉が痛いので
できれば喋りたくなかったし)、衝立で仕切られた隣の診察ブースでも
「喉が痛いんですが、かかりつけの耳鼻科がお盆休みで。。。」
と言っている患者さんの声を聞いた先生が、
「ほらっ、あなたと同じだ~」
とやけにウケておられたのですが(笑)

お付き合いで笑いつつも、先生の鼻から束で出ている鼻毛が気になって、
イマイチ雑談に集中できない私なのでありました(爆)


いやはや。

老化するって、なかなかにたいへんなことなのでありますね。

アンチエイジングなんて言ったって、見かけはともかく、粘膜やらなにやら、
鍛えようがない部分は着実に老いていくわけだし。


思えば、学生の頃、喉が弱い子もいて、しょっちゅう扁桃腺が腫れたの、
声が嗄れたのって言ってましたが。

経験のない私は、気の毒に思いながらも、実はその痛みがちょっとも
わかってなかったのですね。

喉が痛いのが、こんなにツライものだったとは。

人の痛みって、結局のところ経験してみなければわからないもんなんですね。

ま、今さらでも経験できてよかったかも。

あのままずっと丈夫な人のままでいたら、きっとこういう痛みを訴える人が
いても、気合が足りないんだ、って思ったでしょうし(自爆)



ということで。

最後に、人の痛みのわかるようになった私が本日作ったお弁当がこれ(笑)


画像



ごはんの上に、昨日の焼肉の残りをのせ、きんぴらごぼうやらブロッコリー
スプラウトのおひたしやら、頑張って入れておりますが(^O^)

メインは、プチトマトをオリーブオイルでソテーして卵でとじたもの。


夏バテ気味なので、抗酸化作用のあるリコピンがたくさん含まれている
トマト料理を入れてほしいとのお願いがあったので、作ってみました

卵の上に乗っているのはケチャップではなくて、とじるときに はみ出たトマト。

もったいないので、卵の上にちょこんとのっけておきました(^O^)


昼休みに、
「卵焼きにトマトが入っとる
とメールが来ていたので、
「オリーブオイルでソテーしてみたよ どう?」
とお返事したところ。

「ヨシヤンイイネ
なんてメールが。


このおかずは、気に入ったようですね。




"なんとか頑張って、この夏を乗り越えましょう^^;" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント