鼻毛はだいじ。




大沢樹生の息子の DNA鑑定問題が またまた報道されてますね。

結局、彼の言い分が通って、親子関係は無し、という判決が下されたのだ
そうですが。


これについての感想といえば、ただもう、子どもがかわいそうのひと言に
つきるのであって。

もうちょっと子どもの立場、利益を考えて行動すれば?って思うばかり。


それと まったく同じことを、母親の喜多嶋舞さんがコメントしてましたが。

いやいや。

あーたがそれを言うか?って思ったりもしました


この騒動について思うことといえば、そんなとこでありますが



ただ、初めてこの話題が出たときに、記者会見していた大沢樹生を見てから
ずっと思っていたことがあるんですよね。

彼が、ガッと上を向いて涙をこらえる場面がありましたが。

それをカメラは下からとらえていて、鼻の穴が丸見えになっていたのだけど。

彼の鼻の穴は、まさしく穴状態というか、空洞

鼻毛が1本も見当たらなかったのでありますね



今は、鼻毛のお手入れグッズとして、電動の、鼻に差し込む小型シェーバー
があったりしますよね。

あれだと、本当にキレイに鼻毛が取れるのだそうですが。


でも鼻毛って、ウィルスから体を守る重要かつ最前線の役割を果たしている
んですよね。

これがあるから、のどの粘膜がじかにウィルスに さらされずに すんでいると
いうのに。


大沢樹生は まだ若いから、そのへんの有難味がイマイチわかっちゃいない
んでしょうね。



かくいう私も、ほんの3年ほど前までは、風邪くらいで喉にくるなどということ
は皆無だったんですよ。

そもそも、喉が痛くなったことなんて、これまでの人生でほんの数回程度。

なので、そんなことを真面目に考えてみたことも無かったわけでありますが。


それがここ最近、ちょっと乾燥するとすぐに喉が痛くなったり腫れたり。

こうなると、鼻の穴を空洞にすることなど、怖くて とてもできるものでは
ありません。


そうそう、鼻毛といえば。

『ダウンタウンDX』というテレビ番組に出演してた某モデルさんが、鼻の穴に
塗り込んで剥がすタイプの除毛剤を紹介していたのですが。


このモデルさん、数回の結婚歴があって、そのうち初回と今の夫がどちらも
Jリーグの現役選手だというので話題になっていたんですよね。

子どもを3人かかえて、今の夫(初婚で年下)と再婚したという人。


その人が、押しの強い けたたましい声で、この鼻毛の除毛剤、すっごくいい
んだから!って感じで勧めていたのですが^^;

その下品・・じゃなかった、えっと、元気な様子に圧倒されながらも、鼻毛って
全抜きはマズイんじゃないの?って思っていたんですよね。


モデルや芸能人は 見た目がすべてというか、まずは見た目なので、そういう
極端なお手入れに走るのもわからないでもありませんが。

ダイエットもしかりで・・テレビであんなに細く映るのなら、実物はいったい
どれだけ細いんだろうと思ってしまう人もたくさんいるし。


でも、彼らは、若いうちはそれでいいだろうけど、中年になったら とても体が
もたないだろうなあ(~_~;)

あのヒト最近、テレビでパタッと見なくなったなあ、と思っていた人が、中年
を過ぎてから体調を崩して仕事ができなくなっていたなどどいう話も
よく聞くし。


だいたいが、若い頃からダイエットなんぞほとんどせずに、好き嫌いなく
ちゃんと食べてきた私にしてからが、更年期はこの体たらくですからね

若い頃から無茶なダイエットや、鼻毛の全抜きなどやってきたとしたら、
その更年期は想像するだにオソロシイものがあります


なんでも、極端は良くないし・・脇毛ならともかく、鼻毛は鼻から はみ出る毛
だけをハサミで切るくらいで、私はいいと思うのだけど。

これって、時代遅れなのかなあ。

今の時代、鼻毛を生やしていること自体、エチケット違反だったりする??



これについて、現代を生きる若い女性である こぶたたちに訊いてみようか
と思ったのですが。

こぶた1号は、風邪気味でイマイチ元気がないし、こぶた2号は、いろんな
チームのサッカーの試合を観まくっていて、人の声など聞こえない状態だし^^;


どうなんでしょう?

・・・ま、もし万が一 エチケット違反だとしても、私は鼻毛を全抜きしたりは
しませんけどね(笑)





最後に。

昨日、何を思ったか、こぶた2号がマシュマロとチョコペンを買ってきて、
こんなものを こしらえておりました


画像



マシュマロに、お絵かきをして遊んでいたのでありますね(^O^)

お味は、マシュマロ+チョコの味だったので、フツーにおいしくいただき
ましたよ(^◇^)




"鼻毛はだいじ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント