つながる世界の面白さ。




こないだ、図書館でまた面白そうな時代ものの本を 見つけたのですが

パラパラと めくってみると、どうやら主人公は大谷刑部(おおたに ぎょうぶ)
のよう。


大谷刑部といえば、かの関ヶ原の戦いで西軍に与して 討死をした武将
ですよね。

若い頃から不治の病に侵され (一説には らい病とも言われていますが)、
崩れた顔を隠すために いつも頭巾を被っていたとも。



安土桃山時代から徳川時代にかけては、いろんな人を主人公にした本を
読んでいるので、私なりに知識は あるつもりでおりましたが。

考えてみれば、大谷刑部については ほとんど知らないなあと思い、いい機会
なので この本を読んでみることに。


富樫倫太郎著 『白頭の人』


刑部は、子どもの頃から 石田三成とは親しくて、同じ寺で学問に励んでいた
のですね。

そこで、かの有名な、気の利いたお茶出しで 三成は秀吉の目に留まり、
出仕することになるのですが。

将来は仏門に入るつもりでいた刑部も、その引きで 一緒に出仕することに。


めきめきと頭角をあらわしていく三成や、ほぼ同年代で やはり活躍している
加藤清正や福島正則などと比べると、能力は あるのに いまひとつ地味な
存在だった彼ですが。

三成のように才を誇って人の反感を買ったりすることもなく、また、清正や
正則のように乱暴でもなく温厚で、敵をつくらない人柄がまわりに愛され、
秀吉の信任は とても あつかったようですね。


読んでいくうち、真田の名前が出てきて、あれっと思った私。

はい、今現在、NHKで 『真田丸』 が放映されていますよね。

あれは私は観てないのですが、何度かチラッと観かけるたび面白そうで、
何で最初から観ておかなかったのかと後悔していたところだったんです
よね(笑)

まあもう しょうがないし・・途中から観るのもナンだしで、暮れの一挙放送の
ときに録画して、あとで ゆっくり見なおそうと思っております。


ま、それはともかく^^;


三成から、とある人質の世話を たのまれる刑部ですが。

その人質というのが、真田源次郎。はい、のちの真田幸村だったので
ありますね。

私のなかで、彼は 堺雅人の姿かたちで いきいきと立ち上がってまいり
ました(笑)


そしてなんと、のちには源次郎のもとに、刑部の娘の とく が嫁いでいるでは
ありませんか

へえ~、そりゃ知らなんだ、と思って読み進んでいると、今度は黒田官兵衛
の名が。


官兵衛は 権謀術数が衣を着て歩いているかのような人物で皮肉屋でもあった
ため、みなに恐れられていたのですが。

自身も病に苦しむ身だったこともあり、刑部には優しかったようですね。


そんな彼も、私の脳内ではV6の岡田クンでありましたよ(笑)



そして、そして。

秀吉の命で、三成が小田原征伐に向かうことに なるのですが。

そこで、かの有名な忍城 (おしじょう) が登場♪

はい。 『のぼうの城』 でありますね(^O^)


忍城での攻防は、短く触れられていただけでしたが。

私の脳内では、野村萬斎演じるところの あの飄々とした のぼう様
が見え隠れして おりました(笑)


そして、物語は終盤にさしかかり、関ヶ原の戦いへ。


刑部は、味方の裏切りのために あえない最期を とげるのですが。

まだ若い嫡子の勝太は、なんとかこの戦場から落ちのびるのですが、
探索の手を逃れて放浪生活を余儀なくされ、その年月は何と14年にも及んだ
とか


その後、大阪夏の陣・冬の陣でふたたびその姿を現し、最後は幸村とともに
討死したのですね。

享年三十七。

この人の生涯も、すごいですよね。


最後に。

刑部の妻ですが。

北政所 (きたのまんどころ。秀吉の正妻 ねね )の口添えもあり、処罰は
逃れて、京都・大原で庵を結び、夫や家中の者たちの後生を弔って、51歳で
亡くなっています。


生活は 楽ではなかったようですが、北政所からの季節ごとの贈りものなど
もあり、困窮は しなかったようですね。


その北政所も、関ヶ原で東軍のために動いたので、のちには家康の心遣い
で高台院という寺まで建ててもらって、悠々自適だったとされますが。

でも。

私が読んだ本のなかには、実家の浅野家への徳川のやり方が峻烈だった
とか、徹底的な豊臣潰しの政策のために 夫の秀吉の廟まで壊されてしまい、
晩年は絶望に沈んでいたなどの話もありました。


結局のところ、誰も歴史に立ち会ってきたわけではないので、見る角度に
よっても同じ史実がまったく違うものになってしまったりもするわけで。

ある特定の人物の視点に立った場合は、なおさらですね。


いろんな本を読んで、あらゆる視点から歴史を ながめてみるのも また
楽しいかと思います。

それだけではなく、これまでに読んだ本や 観た映画の世界などとも、
思いがけないところで つながったりもしますしね



それにしても、大谷刑部。

古い友である三成が どうあっても戦うつもりだと知ると、西軍には勝ち目が
ないとわかっていながら、黙って加勢したのですね。


派手なエピソードが あるわけではないけれど、その人生は徹頭徹尾 誠実で、
温かい人柄が 見て取れるものだったのだなあと思ったことでありました。




白頭の人
潮出版社
富樫倫太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 白頭の人 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






"つながる世界の面白さ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント