地震で思ったこと。




昨日の地震、本当に びっくりしましたね(~_~;)

鳥取県が震源地でしたが、九州から四国、はては こちら関西まで、けっこう
な揺れようでありました

被害を受けた地域の方々には、心から お見舞い申し上げます。



地震があったとき、私は たまたま近くのスーパーに いたんですよね。

ふだんは、そんな時間にスーパーに いることなど ないのに。


この日は 気持ちのよい天気だったため、キンモクセイの香りを嗅ぎがてら、
長い時間ゆるくウォーキングをしていたため、買い物が遅くなってしまった
のでありますね。

しかもそのスーパー、改装中で、売り場が狭められていたため、陳列棚の
あいだが、人ひとりが やっと通れるくらいの幅しかない状態。

もし地震が もっと大きくて棚が倒れていたりしたら、危ないところでありました(~_~;)



グラッと来たと思ったら、店じゅうに警報が響きわたったのですが。

いちおう皆さん、「あらっ?」 という感じには なったものの、慌てる様子の人も
いなくて、ごくフツーに買い物を しておられたのには ちょっとびっくり。

さすが、阪神大震災を経験しているだけのことはありますね^^;


私も、買ったものを 袋詰めしていたところ だったのですが。

落下してきそうなものが無いか頭上を確かめただけで、あとは そのまま
袋詰め作業をしておりました。

そうしていたら、周りの人たちのケータイが次々に鳴り始めたんですよね

どうやら、家族からの安否確認の電話のようで、皆さん口々に、「大丈夫よ」
とか、「そっちは?」とか、話しておられましたが。


そういえば、以前、どこかで読んだのですが。


かの東日本大震災のときのこと。

スーパーにいたら、いきなり大きな揺れとともに停電し、棚の商品がバタバタ
落ちてきて、買い物客たちは悲鳴をあげてパニックになったんだそうですが。

揺れが おさまったとたん、あちこちでケータイが鳴り始め、みんな家族と話し
始めたんだそう。


でもその人は どういう事情なのか家族がいなかったため、どこからも電話は
掛かって来ず、呆然と ひとり立ち尽くしていたのですね。

そして、周りの人たちの話し声を聞いているうち、突き上げるような孤独感を
覚えた、と書かれておりました。


それを読んだときは、なるほどなあ、って思っただけでしたが。



今回、ちょっと肝を冷やしたあとで、同じような場面に立たされてみると、
その人は さぞや悲しく心細かっただろうなあ、としみじみ感じられたんです
よね。

それと同時に、今まさに こうやって地震が起きたときにスーパーに来合せて、
このまま死んじゃったとしても、家族が いたって助けられるものではないし。


家族が いようが いまいが、寂しい境遇で あろうが そうでなかろうが、死ぬ
ときは やはり ひとりなんだなあ、と思ったことでありました。


そんなことを つらつら考えながら、袋詰めしていたら。

私のケータイも鳴り始め、見てみると、こぶた2号から。


ちょうど休憩中だったとかで、
「大丈夫かいな。食器棚の下敷きになったりしてへんか」
などと言ってましたが(笑)

無事を確認するや、さっさと仕事に戻って行かれました^^;


ま、でも。

もし今、私が陳列棚の下敷きになっていたとしても、こぶた2号は すぐには
助けには来れないですし。

ってか、あのヒトは震災時は救助活動のために、お休みであっても職場に急行
しないと いけないし。

ふー



ここ数年は、気候が荒れ、地震活動も活発化しているため、いつなんどき災害
に遭わないとも限らないですよね。

それだけではなく。


日本人の ふたりに ひとりはガンになる、とも言われている この時代。

いろんな意味で覚悟をして 生きていかなくては いけないのだなあ、なんて
思ったり


こんなことを思うのも、私が年を重ねたため? それとも、現代は特殊な時代
なのかなあ。



ちなみに。

音沙汰なしの こぶた1号さんにも、いちおう、
「すごい揺れたなあ。大丈夫やった?」
とラインしておいたのですが。


夕方、仕事が終わってからお返事が。

「すごい揺れたなあ。びっくりしたわ」

帰宅したときも、
「久しぶりに大きな地震やったからびっくりしたよね」
と話しかけると、笑顔で、
「そやね~」
と言っただけ(笑)


いや、あーたのお母さんは、スーパーで危ないトコやってんから、って思った
ものの(笑)

ま、私も それ以上は言わず、いつもどおりに過ごしたのでありました。

それはいいのだけど。

・・・この人にも、孤独とか感じる瞬間はあったりするのかなあって、ちょっと
疑問に思ったり(爆)





最後に。

わが家でいま唯一咲いているランタナを紹介して終わりにしたいと思います。

画像



オリーブの枝に 朝顔の つるが巻き付き、それがまたランタナに絡んで、
エライこと 混みあっておりますが(笑)


うちのベランダは西向きのため、夏場は午後から ものすごい灼熱地獄

なので、手入れ作業は、午前中しか できないんですよね^^;


しかたなく、ワイルドに、植物たちのやりたい放題になっております(笑)


画像



画像



画像



画像



画像



ま、そんな状態でも、とりあえず枯れないように水さえやっとけば、なんとか
咲いてくれるものでありますね。


・・・これって、子育てとある意味同じかな(誤爆)




"地震で思ったこと。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント