もはや無邪気では いられぬ。




連日、テレビではコロナのニュースばかりですね(~_~;)

そんでもって、感染者数は日に日に増えるばかりで。

ほんとうにもう、世界はどうなっていくのか。。


こんな状況下でも、若い人たちが危機意識なく遊び歩いている様子が
報じられたりしておりますが。

若い人だけでなく、こないだニュースで観たのはそこそこ年のしまった
カップルで、花見自粛要請もなんのそのといった感じでフツーに花見を
してたんですよね。


ふたりいわく、
「だって桜は年に1回しか咲かないから」「自粛自粛言ってたら何にも
できないと思う」

いやはや。

よくもまあ、顔出ししてテレビのインタビューなんぞ受けられるもん
だなあ


さすがに まわりにはほとんど人がいなかったのだけど、少し離れた
ところでは、大学生らしきグループがなんとシートを敷いて飲み食い
してるし


少し責めるような、厳しい質問をインタビュアーにされても、お酒が
入っているせいかどこ吹く風で、大声を出してご機嫌な様子(~_~;)

しかもこのグループはその後、普段でも禁止されている焚火までやり
はじめて、ホント観ていて怒りを通り越して呆れてしまいました。



そして、また。

この状況下で卒業旅行に欧州に行った大学生が、帰国後あちこちに
ウイルスをばらまく結果になり、大学がクラスター化してしまって
おりましたね。


この大学とはまた別の大学では、やはり卒業旅行に外国へ行って、
帰国後体調が悪くなったにもかかわらず卒業式に参加していた
学生がいたとか。



もう、言うべき言葉もありませんが。

なんだかなあ(~_~;)


これらのニュースを目にしたときに浮かんだのが、タイトルの言葉
だったんですよね。

「もはや無邪気ではいられぬ」


これは、とある海外歴史ドラマで耳にしたのだけど。

皇帝のまだ若い長男が、次期皇帝としての自覚のない行動をとった
ときに、父帝と宰相に言われていた言葉です。


ま、今回の件とは まったく事情は違うのだけど。

でも、大学生ともなればもう子どもとは言えませんからね。

無邪気というには、あまりにもオロカでありますね。


人間って、ときにはオロカな行動をとってしまうものではありますが。

自分で責任がとれるのならまだしも。

今回は、あまりにも重大な結果となってしまったし。


彼らをつるしあげるつもりではなく、むしろ今後のことがすごく心配に
なりました。

せっかくの人生の門出が、とんでもないことになってしまって。



桜が、あちこちで咲き始めておりますが。

なんだか今年の桜は、もの悲しいですね。。






"もはや無邪気では いられぬ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント