変身アイテムが圧倒的に足らなかった中、頑張りました!




前回の記事からだいぶご無沙汰してしまいましたが、皆さまお元気
でしょうか(笑)

私はといえば、あれから両家の顔合わせもあって、バタバタしており
ました。


しかも、マンションの工事もやっと騒音がマシになってきたと思って
いたら、今度は溶剤のすごい臭いで(~_~;)

ペンキ臭ならまだしも、ってかあれも相当にイヤなものだけど、溶剤
の臭いというのはまた独特で、マジで気分が悪くなりそうでした。


これについては、少し前に注意喚起のお知らせが入ってはいたので
すが、まさかここまでとは思ってなかったです。

そんで間の悪いことに、臭いがきつくなったのが私の服薬日で


以前にも書いたと思いますが、週1で服用しているこの薬、かなり
胃の負担が大きいんですよね。

幸い経過も良くて、服薬をはじめたころから比べると、ほぼ半分くら
いに薬の量は減ってはいるものの。

それでもやっぱり、当日と翌日は脂っこいものやコーヒーは胃が受け
付けなくなります^^;


そんな状態で顔合わせの日に体調が悪くなってはたいへんなので、
前日はこぶた2号の家に泊めてもらうことになりました。

それはよかったのだけど。


ここ数年で敏感肌になってしまった私は、ふだんはまったく化粧を
しないすっぴんで過ごしております。

なので、以前のように化粧道具を持ち歩く習慣がなくなっていたん
ですよね。


で、当日の朝。

化粧しようとして、道具一式を忘れてきてしまっていることに気付い
たのでありました


いやもうね。焦りましたよ、ホント。

いくらなんだって、すっぴんで行くわけにもいかないし。


でもって私の肌は、ちょっとでも合わないものを塗るとすぐにありえ
ないほどにまっかっかになってしまうし。

仕方なく、こぶた2号手持ちの中からいちばん肌に優しいものを選んで、
借りて塗ったのだけど。


若い人用だからカバー力もそんなにないし、色味もくすんでいると
いうか、明るい発色でもないし(~_~;)


少しでも明るく見せたいおばちゃんの肌には、まったくもって力不足

それでも、こぶたたちの、
「すっぴんよりは数段ましになった」
との高評価?を得て、もうそれでいくことになったのでありました(笑)

ふー。

ほんっともう、バッタバタ



まあ、そんなこんなで、なんとか顔合わせも無事終わり、ちょっと
脱力していたわたくし。

お山から下りてきて、少ない化粧品でなんとか人間に化け、人語を
話してきたわけでありますから(笑)

でもま、失言・失態等、なかったことだし(たぶん)

そこそこ上首尾だったんじゃないかな(自分比)


ということで。


長居は無用とばかり、後をも見ずに、すたこらさっさと お山へ帰って
きたわたくし。

ホッとひと息、さて、心ゆくまで本に埋もれましょうず、となっていた
ところ。

はい。

またあの臭いが


今回は、前回ほどにひどい臭いではありませんが。

それでも、読書のおとものラテをまずくするには じゅうぶんすぎる
ほどクサイです。。。






"変身アイテムが圧倒的に足らなかった中、頑張りました!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント